その他

【STEPNに47万円投資!】開始1ヶ月 収益報告(稼ぐコツ・攻略法は?)

STEPNをはじめて1ヶ月がたちました。

1ヶ月やって、

  • どれだけ稼ぐことができたのか?
  • STEPNをやるうえでの稼ぐコツ・攻略法

なんかをまとめます。

本記事の信頼性

実際にSTEPNを使っています!

筆者は実際にSTEPNを使ってランニングをしています。
下の画像は実際のアプリ画像です。

STEPNに47万円投資しています!

筆者は実際にSTEPNに約47万円を投資しています。
具体的には以下の3足のスニーカー(NFT)を保有しています。

開始1か月 収支報告

結論的には、まだ初期投資の回収は完了しておらず、収益は出ていません。(開始30日後)

開始1か月の収支
  • 初期投資・・・47万円
  • 現在の稼ぎ・・・22万円(549GST)
  • 開始1か月の収支・・・▲25万円

しかし、スニーカーレベルは現状のMAX(28レベル)になっており、回収段階に入っています。

そして、日々のランニングで平均62GSTを獲得し、リペア費用として9GSTかかるものの、日々の収益が平均53GST(≒20,000円)となっています。

よって、うまくいけば、あと2週間くらいで初期投資を完全回収できる状態です。

筆者

その後は継続してSTEPNをたのしみますが、強化されたスニーカーを売却することでも利益を出せます。

STEPNの稼ぐコツ・攻略方法

ここからは1か月毎日休まずSTEPNをやってきた筆者の考えるSTEPNの稼ぐコツ・攻略方法を3点厳選して記載します。

①スニーカーを3足もつ

STEPNを攻略していくうえで、スニーカーを複数足、具体的には3足以上もつことは大変重要です。

なぜなら、下表のようにスニーカーを3足もつことで、エネルギー量が2から4にふえるからです。(3足のつぎは9足なので、一気にハードルがあがります。)エネルギーがふえれば、稼げる時間がふえるので、単純に稼ぎやすくなります。

そして、エネルギーがふえてかせげる時間がふえても、日々かかる費用がかわらないということがポイントです。

1足もっていても、3足もっていても、日々かかる費用はかわらないのです。つかったスニーカーのリペア費用、レベルUP費用がかかるだけです。よって、3足のスニーカーをもっていると、ふえたエネルギーで稼いだGSTが、まるっと収益になります。

また、Trainer以外のスニーカーを買うというのもポイントです。Trainerはスピードの範囲が広いメリットがありますが、その分スニーカーの値段が高価になります。Trainerを買うくらいなら、Walker・Jogger・Runnerを3足買ってエネルギーを増やせる余力を残しておくべきです!

まとめると、下図のようになります。

  • 3足もつことで、2エネルギーから4エネルギーになる。
  • 1足でも3足でも、日々かかる費用はかわらない。(=収益幅がふえる)

現在、Uncommonのスニーカーの価格がとりわけ高騰しています。Commonのスニーカーも値上がりしています。しかし、SOLの値下がりを考えると現在は購入にお得なタイミング、STEPNに参入するチャンスであるとも言えそうです。(昨今の世界情勢から仮想通貨全体の価格が下落しており、STEPNのスニーカーを購入するのに必要なSOLも一時期の半額以下にまでさがっています。※投資は自己責任となります)

一方で、STEPNで獲得できるGST:Green Satoshi Tokenは、この世界情勢下でも、(現段階では)上昇をつづけています。

②どれか1足決めて、どんどんEfficiencyをあげる

どれか1足決めて、レベルを上げていき、レベルUPによって獲得できるポイントでEfficiencyをあげていきましょう。

EfficiencyはGSTの獲得値に直結します。

下画像を参照ください。

同じようなコースを走ったとしても、Efficiencyの値によって大きくGST収益がかわります。

上画像の場合は、Efficiencyが135.5→173.5に、38ポイントあがったことで、約10GSTほど収益がアップしました。現在のレートで、1回あたり約4,000円ほど収益がアップしたことになります。

ステータス(Attribute)には、ほかに「Luck」「Comfort」「Resilience」がありますが、GST収益に直結するEfficiencyを優先してどんどんあげていきます。

「Luck」「Comfort」「Resilience」を優先しない理由については、以下をご参照ください。

Luck は優先しない?

Luckは、ミステリーボックスの質・登場頻度が向上します。

ミステリーボックスでゲットしたGemは、自身のスニーカーに取り付けたり、マーケットプレイスに出品することができます。マーケットプレイスでGemは、値付けによっては早々に売れ、SOLを獲得できます。

ただし、ミステリーボックスは開封できるまでにかなりの時間を要します。にも関わらず、1度に4つまでしか持つことができません。開封の時間を短縮するには多くのGSTが必要となります。

これらの要因から、Luckをあげてミステリーボックスで稼いでいくよりも、Efficiencyを上げて着実にGSTを稼いでいくことが効率的と考えます。

Comfort は優先しない?

ComfortはGMT(Green Metaverse Token)の収益に関わります。

GMTもGST同様にSTEPNのトークンですが、こちらはガバナンストークンとなります。ガバナンストークンは、トークン自体にも仮想通貨としての価値があるとともに、保有量に応じてSTEPNの運営についても関与できるトークンです。

スニーカーのレベルが30になると、獲得するトークンをGSTまたはGMTでえらぶことができます。ただし、現在のところレベル28がMAX※で、かつComfortの仕様自体も、「開発中」となっています。そのため、全容が判明していないこともあり、現在のところ優先順位はおのずと下がります。

※レベルを29以上にあげるためにはGSTとともにGMTが必要です。しかし現在ではまだ、GMTを使用することはできず28より上のレベルにあげることができません。よって現状ではレベル28がMAXとなっています。

Resilience は優先しない?

走った(歩いた)あと、スニーカーは摩耗し、スニーカーのリペアが必要になります。Resilienceが高ければ、運動後のスニーカーの摩耗が少なくなり、結果的にリペアにかかる費用(GST)が少なくてすみます。

しかし、Resilienceを向上させて改善できるリペア費用には限界があります。

下画像をご覧ください。

Resilienceが20.8のスニーカーが、5エネルギーを消費すると、8.8GSTのリペア費用がかかります。つまり、たとえResilienceをおもいきり向上させて、仮にリペア費用がゼロになったとしても8.8GST分の改善幅しかないということになります。

スニーカーを15足とか30足もっていて、エネルギー量が12とか20ある場合には、スニーカーのリペアに必要な費用(GST)がふえるので、Resilienceの重要性は増すと思います。

ただ、1〜3足程度の保有であれば、Resilienceをいくら引き上げても、その恩恵には限界があります。Efficiencyを引き上げてGST収益そのものを引き上げていくことのほうが、伸びしろは大きく、限界もありません。

③規定のスピード範囲内で走る(歩く)ことを徹底する

スニーカーの種類に応じて、以下のとおり規定のスピードの範囲が決まっています。

この範囲内で走ら(歩か)なければ、GST収益は最大で90%減少します。

これが意外にできていないことが多いです。結果的に本来ならもっと稼げたはずなのに、損をしてしまっているケースが多々あります。

下画像は、規定のスピード範囲内で動いた場合と、範囲外で動いた場合を比較しています。規定のスピード範囲外で動くことで大幅にGST収益を減少させてしまっていることがわかります。

このような状態を防ぐために、STEPNを実行している間、規定のスピード範囲内で動けているかを定期的にチェックする、ことが重要です。

その際は、STEPNアプリでのスピード表示と、GPSウォッチなどでのスピード表示にも差があるため、実際のSTEPNアプリの画面を確認します。(かならず周囲の状況を見て、安全を確認してから、スピードを確認します。)

また、動くスピードに影響が出ないようなコース選定も重要です。

信号待ちがあるコースは論外。一気に規定のスピード範囲内からスピードが外れてしまいます。

急なカーブもすくないコース。またGPS環境のよい上空のひらけたコースを選定することも大切です。

まとめ・STEPNの始め方

以上がSTEPN1ヶ月後の収益報告と稼ぐコツ・攻略方法です。わたし自身、この方法を実践しており、開始1ヶ月半で初期投資の回収ができそうです。ぜひ参考にしてみてください。

STEPNで稼ぐコツ
  1. 3足スニーカーを保有して稼げるエネルギー量を増やす
  2. 1足きめて、どんどんレベルを上げ、Efficiencyを上げ、GST収益を向上させる
  3. 規定のスピード範囲内で走る(歩く)ことを徹底する

また、STEPNのスニーカーを購入するにはSolana(SOL)という仮想通貨が必要です。日本円でSOLを購入することができる仮想通貨取引所は「Liquid」のみです。

コインチェックやビットフライヤーなど、Liquid以外の仮想通貨取引所だと、一旦ビットコインなどを購入してからバイナンスなど海外の取引所に送金し、そこでビットコインでSOLを購入してSTEPNに送るという非常にめんどうな作業が必要になります。

Liquidであれば、LiquidでSOLを購入してSTEPNに送るだけで簡単です。

筆者
ふくちゃん

STEPNをやるなら、SOLを直接買えるLiquidが必須です。
無料登録しておきましょう!

RELATED POST