ランニングシューズ

【サブ3が解説】ホカオネオネ クリフトン8(7からの変更点、サイズ感など)

ランナー

ホカオネオネのクリフトン8が欲しいな。
クリフトン7から何が変わったんだろう?
ランニングで使用したときの履き心地やレビュー・評価も知りたい。
サイズ感やワイドとの違いはどうなんだろう?

本記事では、このような疑問に対して、
ホカオネオネ中毒者でラン歴20年超の
サブ3ランナーのふくちゃんが解説いたします。

本記事の信頼性

ラン歴20年超のサブ3ランナーです

筆者ふくちゃんはラン歴20年超のサブ3ランナーです。
今までのラン歴のなか、練習用〜レース用まで
たくさんのランニングシューズを履きつぶしてきました。
今までの経験をもとに本記事を執筆しています。
ふくちゃんの詳しいプロフィールはこちら

ホカ沼にはまったホカオネオネ愛用者です

ホカ沼にずっぽりとハマったホカオネオネ愛用者です。

今までクリフトン・ボンダイ・カーボンX・ロケットXなど
多くのホカオネオネのロードランニングシューズをつかってきました。

完全にホカオネオネの沼(ホカ沼)にはまってしまい、
ランニングのときも、私服のときも、
ホカオネオネばかり履いています。

【サブ3が徹底解説】ホカオネオネ ランニングシューズ 記事まとめホカオネオネのランニングシューズが人気です!本記事では、ランニング歴20年以上のサブスリーランナーが、愛用のホカオネオネのランニングシューズを徹底解説します。ボンダイ、クリフトン、ロケットXなどの人気モデルをはじめ、記事は随時更新。ホカオネオネのランニングシューズが気になる方は必見です!...

クリフトンシリーズを愛用しています

クリフトンは6から使っています。
今作のクリフトン8で3足目です。
クリフトンのヘビーユーザーが、
新作クリフトン8について解説します。

HOKAの代表作「クリフトン」とは?

クリフトンは、ホカオネオネを代表するモデルです。

ホカオネオネには、ロードランニング用として、
クリフトン以外にも、ボンダイ、リンコン、
カーボンX、ロケットXなど、
様々なモデルがあります。

それらの中でも、
クリフトンはホカオネオネの独特な
「マシュマロクッション」
「メタロッカー」
などの機能を、
しっかりと味わうことができるシューズです。

それゆえ、
クリフトンはホカオネオネの代表作になっています。

筆者
ふくちゃん

はじめてホカオネオネを買うランナーは、
まちがいなくクリフトンがおすすめ!

クリフトン8の特徴

クリフトン8「3つのテクノロジー」

クリフトン8には、
ホカオネオネが誇る3つのテクノロジーが搭載されています。

① 軽量マキシマムクッション

1つ目は、ホカオネオネの代名詞
「軽量マキシマムクッション(=マシュマロクッション)」です。

マシュマロのうえに乗っているかのような
柔らかくて気持ちいいクッションです。

筆者
ふくちゃん

やわらかくてホントに気持ちいい。
ランニング中の1歩1歩が快感です♪

今作「クリフトン8」は、
これまでのクリフトンシリーズとは
すこし異なるクッションです。

より反発が増し、
より速く走れるクッションに変貌してます。

詳しくは後述の
「クリフトン8からクリフトン7で変わった点(3つ)」を参照ください。

② メタロッカーシステム

2つ目は、こちらもホカオネオネの代名詞「メタロッカー」です。

つま先にかけてソールが削ぎ落とされているため、
前に転がっていく感覚を味わえます。

ヒール・ミッド・フォア、すべての接地でこの恩恵を受けることができます。フォアフットで接地をしても、削ぎ落とされたソール部分に足がキレイにはまり、トントンと小気味よくピッチをきざむことができます。

③ アクティブフットフレーム

3つ目は「アクティブフットフレーム」です。

この「アクティブフットフレーム」の効果はとても大きいです。
アーチサポート機能があるインソールを入れたかのように、接地のクセを補正してくれます。

わたしの経験として、ホカオネオネのシューズを多用している期間は、走り込んでも脚の痛みを感じることが少なくなり、距離を踏めるようになりました。
ホカオネオネのシューズを使う前は、月間200km程度でもスネが張ったり、痛みが出ることが多々ありました。症状が出ることが減ったのは、アクティブフットフレームのプロネーションを補正する効果と感じています。

ソールの厚さ

ホカオネオネとして、ソールの厚さは公表していないそうです。
そこで、日本陸連HP掲載「ノギスを使った採寸方法」で計測をしました。

クリフトン8 計測の結果

3.6cm! 厚い!

履くと目線が高くなり、私服のときに履けば、身長を盛れる効果もあります。

オフセット(かかと〜つま先の差)は、5.00mmでフラットな構造です。

また、ソールの厚さ4cm以内なので、ワールドアスレティックス(以下、WA)のルールで行われるロード種目でも使用可能なシューズとなります。

厚底論争のなか、WAがロード種目ではソールの厚さを4.0cm以内に規制しました。ボンダイはソールの厚さが4.0cm以内としてロード種目使用可能なシューズとしてリストアップされています。

※参考サイト 日本陸連HP(使用可能シューズ一覧)

重さ

250g

※27.0cm、ホカオネオネ公式HPより

前作のクリフトン7から3gほど増えましたが、それでもランニングシューズで、とても軽い部類になります。

筆者
ふくちゃん

このクッションで、この軽さ。
ほんとに驚異的です。

クリフトンシリーズ 重さの変化

重量(27.0cm)
クリフトン6255g
クリフトン7247g
クリフトン8250g

参考

参考までに、わたしのクリフトン8(25.5cm)の重さは228gでした↓

クリフトン8からクリフトン7で変わった点(3つ)

クリフトン8とクリフトン7では、以下の3点が変更されています。

筆者
ふくちゃん

結論、今作クリフトン8は、「最高のデイリートレーナー」です!

①ミッドソールの素材が変わった⇒「より速く走れるシューズに変わった」

見た目はほとんどかわりませんが、ミッドソールが新しい軽量フォームに変更されています。

これにより、いままでのクリフトンとは走ったときの接地感が変わっています。

これまでのクリフトンとくらべ、「弾力」「コシ」のようなものがでています。

クリフトン7までは「ぽふっ、ぽふっ」と、反発というより沈みこむクッションでした。

今回のクリフトン8はクッションがしっかりとある中にも、「グンッ、グンッ」と反発していくクッションに仕上がっています。

クリフトン7までのクッションが、「柔らかすぎる」「沈みこみすぎる」「反発が足りない」と思われていたランナーも是非お試しください。

筆者
ふっくちゃん

クリフトン8は、クッション性は高いまままで、
より「速く」走れるシューズとなりました!

②アウトソールの形状・配置が変わった⇒「シューズの耐久性が向上した」

上の画像のように、アウトソールのラバーの形状・配置がかわっています。

購入した陸上用品専門店のスタッフのかたによると、ラバー(黒い部分)の厚みも増したそうです。

ホカオネオネのシューズは、アウトソールがすり減りやすく、シューズの寿命が短いのが難点でした。

今回のアウトソールの変更により、耐久性が向上し、より長く使えるシューズとなりました

③シュータンが厚くなった⇒「フィット感が高まった」

シュータンが厚くなり、材質も変わりました。

前作のクリフトン7は、メッシュでフカフカした素材でした。
今回のクリフトン8は、厚み・弾力があり、光沢のある素材に変わっています。

この変更により、ヒモをむすんだときに、甲の部分がさらにしっかりとフィットするようになっています。

ホカ オネオネ クリフトン 8 HOKA ONEONE CLIFTON 8

クリフトン8の用途

ジョグからレースまで幅広く使える!

わたしは20年超のランニング歴がありますが、クリフトンはボンダイとならび、デイリートレーナーとしてベストなシューズと断言します。

クリフトンは軽量でありながら抜群のクッション性で、毎日の練習・ジョグにピッタリです。

耐久性も向上したので、しっかり使い込むことができます。

カーボンプレートなど、走りを過度にサポートする技術も含まれていないので、脚をしっかりと鍛えられるシューズです。

また、クリフトン8は前作よりも反発力が増したため、スピード練習や、サブ4レベルのランナーのレース用としても最高です。

私服にもバッチリ!

ホカオネオのランニングシューズは、ユナイテッドアローズなどのセレクトショップでも取り扱われているように、私服でもお洒落にきまります。

ランニングのとき、私服のとき、どちらも使える一石二鳥なシューズです。

筆者
ふくちゃん

わたし自身、私服のときにも、
クリフトンやボンダイを履いています!

クリフトン8のサイズ感・ワイズ

サイズ(足長)

いつもどおりのサイズでOKです。

私であれば、いつもと同じ25.0cmか25.5cmを選択しています。

ワイドを選択する場合は、ハーフサイズ落としても良いかもしれません。

ワイズ(足囲・足幅)

狭めのワイズ設計になっています。

ホカオネオネのランニングシューズのワイズ(足囲・足幅)は以下の通りです。

ホカオネオネのワイズ
  • レギュラー D
  • ワイド 2E

これは、ナイキのランニングシューズとおなじワイズです。

アシックスなど国内メーカーのランニングシューズよりもせまい設計です。

普段アシックスやミズノなど国内メーカーのランニングシューズを履いているかたはご注意ください。

ワイズ(足囲)は、狭い→広いの順に、以下の表記になっています。

ワイズの選択に気をつけましょう

どのランニングシューズにも言えることかもしれませんが、自分のワイズ(足囲・足幅)にあわないと、使い込むうちにアッパーとソールの接着部分が裂けてしまいます。(上画像は、筆者のボンダイ6)

ホカオネオネのワイズは、レギュラーがD相当、ワイドが2E相当です。

国内メーカーのランニングシューズよりもワイズが狭い設計ですので、ご自身にあったワイズを選択しましょう。

【参考】各メーカーのワイズ

各メーカーのワイズは下表のとおりです。シューズ購入の際の参考にしていただけたらと思います。

メーカー レギュラー ワイド エクストラ
ワイド
確認方法
ホカオネオネ D 2E 商品なし 購入品・店頭確認
ナイキ D 2E 4E ナイキにチャット確認
アディダス E 2E 商品なし アディダス電話確認
※アディゼロジャパンのケース
アシックス 2E 3E 4E アシックスHP
ミズノ 2E 3E 4E ミズノHP

【せまめです】ホカオネオネのワイズ・足幅・ワイド(サブ3の愛用者が解説)ホカオネオネのワイズ・足幅はせまめです。本記事では、ホカオネオネのワイズ・足幅について、レギュラー・ワイドの違い、他メーカーのワイズとの違いを解説いたします。筆者は、ホカオネオネを愛用するサブスリーランナーです。ホカオネオネのワイズ・足幅・ワイドについて気になるかたは必見です!...

まとめ・お得な購入方法

ホカオネオネ クリフトン8は、マシュマロクッションに反発性が増し、より速く走ることができるシューズとなりました。とてもバランスのよいシューズです。

ホカオネオネの課題だったアウトソールの耐久性も改善され、よりハードに日々のランニングに使用することが可能となりました。

「最高のデイリートレーナー」「最強のジョグシューズ」、クリフトンの1つの到達点と言えるのが、今作クリフトン8です。

ホカ オネオネ クリフトン 8 HOKA ONEONE CLIFTON 8
お得な購入方法

ホカオネオネ公式サイトに比べ、アマゾン・楽天などの大手ECサイトのほうがお得です。
▼理由3つ
①価格が安い
②送料無料が多い
③別途ポイントが付く

【サブ3が解説】ホカオネオネ ボンダイ7(サイズ感・6との違いも)【※ランナー対象の記事です】ホカオネオネのボンダイ7を実際に愛用しているサブスリーランナーが解説します。お得な購入方法、サイズ感、ワイドとの違い、ボンダイ6との違い、走り心地、なども解説します。ボンダイ7が気になるかたはぜひ確認ください!...
RELATED POST
ランニングシューズ

【サブ3が解説】メタスピードスカイ 評価レビュー エッジ・ヴェイパーフライとの違いも

2021年12月29日
ランたん!ランニング探求部
アシックスより21年3月31日発売されたメタスピードスカイ。 このシューズの出現により、これまでナイキ1強だったランニングシューズ業 …
ランニングシューズ

【サブ3ランナーが解説】ホカオネオネ クリフトン6 レビュー(ホカの代表作)

2020年10月8日
ランたん!ランニング探求部
ランナー 最近、ホカオネオネというランニングシューズブランドが人気みたい。クリフトンというのが代表作らしいけど、実際どうなの?新作のクリフ …
ランニングシューズ

【サブ3がレビュー】軽快!ナイキエアズームペガサス39(38との違い・サイズ感・重さなど)

2022年4月26日
ランたん!ランニング探求部
ランナー ついにナイキ「ペガサス39」が発売された!ペガサスをいつも愛用しているけど、今回の39の評価はどうだろう?前作のペガサス38から …