ランニングシューズ

【サブ3が解説】ホカオネオネ ボンダイ6 (サイズ感・7・クリフトンとの違いも)

ランナー

ホカオネオネのボンダイ6が気になる。
ランニングで使用したときの履き心地やレビュー・評価を知りたい。
サイズ感やワイドとの違いはどうなんだろう?
クリフトンや新作のボンダイ7との違いも気になる。

本記事では、こういった疑問に対して、ボンダイ6愛用者でサブスリーランナーのふくちゃんがお答えします。

本記事の信頼性

ボンダイ6を愛用しています

わたしふくちゃんはホカオネオネ「ボンダイ6」を愛用するサブスリーランナーです。

上画像は、愛用しているボンダイ6・25.5cmです。
このボンダイ6の走行距離は800kmを超えています。
アウトソールはツルツル、アッパー内側は左右とも裂けている状態です。

ラン歴20年超のサブ3ランナーです

わたしはランニング歴20年超のサブスリーランナーです。これまで、レース用・練習用、たくさんのランニングシューズを履きつぶしてきました。ランニングシューズについては人一倍くわしいです!

筆者・ふくちゃんのくわしい自己紹介はこちらをご覧ください。

では早速、ホカオネオネ「ボンダイ6」のレビューをお伝えします。

ボンダイ6の特徴・使用レビュー

ボンダイ6の特徴

ボンダイ6では、ホカオネオネが誇る以下3つのテクノロジーが搭載されています。

① 軽量マキシマムクッション

ホカオネオネの代名詞、言わずと知れた「マシュマロクッション」です。

このクッションは病みつきになります。1歩1歩が快感です。

特に、ボンダイは「バイーン、バイーン」という、ホカオネオネのランニングシューズの中でも独特なクッション・反発があります。

ボンダイ6は、クリフトンとならび、ホカオネオネのランニングシューズの楽しさを思う存分味わえるクッション・反発です。

② メタロッカーシステム

つま先にかけてソールが削ぎ落とされているため、前に転がっていく感覚を味わえます。

ヒール・ミッド・フォア、すべての接地でこの恩恵を受けることができます。フォアフットで接地をしても、削ぎ落とされたソール部分に足がキレイにはまり、トントンと小気味よくピッチをきざむことができます。

③ アクティブフットフレーム

この「アクティブフットフレーム」の効果はとても大きいです。
アーチサポート機能があるインソールを入れたかのように、接地のときの足首のクセを補正してくれます。

わたしの経験として、ホカオネオネのシューズを多用している期間は、走り込んでも脚の痛みを感じることが少なくなり、距離を踏めるようになりました。
ホカオネオネのシューズを使う前は、月間200km程度でもスネが張ったり、痛みが出ることが多々ありました。
症状が出ることが減ったのは、アクティブフットフレームのプロネーションを補正する効果と感じています。

ソールの厚さ

ホカオネオネとして、ソールの厚さは公表していないそうです。
そのため、ノギスを使った日本陸連HP掲載の採寸方法で計測をしました。

ボンダイ6(800km以上使用したもの)

3.4cm

※参考値
800km以上使用し、アウトソールもすり減っているので、参考値になります。

ボンダイ6(BONDI 6)
ホカオネオネ(HOKA ONE ONE)

【参考】ボンダイ7(新品未使用のもの

3.8cm

ソールは、「ボンダイ6とボンダイ7で変更なし」とホカオネオネHPに記載があります。

ボンダイ6も、ソールの厚さは3.8cm程度が正しいと思われます。

どちらも、履くと目線が高くなります。身長を盛れる効果もあります。

オフセット(かかと〜つま先の差)は、4.00mmでフラットな構造です。

厚底論争のなか、ワールドアスレチックスがロード種目ではソールの厚さを4.0cm以内に規制しました。ボンダイはソールの厚さが4.0cm以内としてロード種目使用可能なシューズとしています。

※参考サイト 日本陸連HP(使用可能シューズ一覧)

ホカオネオネ(HOKA ONE ONE)
¥27,751 (2022/05/26 22:01:13時点 Amazon調べ-詳細)

重さ(27cmの場合)

310g

ランニングシューズのなかでは重い部類になりますが、不思議なことに走っていて重いとは感じません。

逆にコロコロとメタロッカーシステムでころがっていくので、軽快さを感じるほどです。

使用用途

日々のジョグシューズとして、ベストなジョグシューズです。

また、フルマラソン〜ウルトラマラソンにもバッチリ使えるシューズです。

ベストジョグシューズ!

わたしは20年超のランニング歴がありますが、ボンダイ6はデイリートレーナーとしてベストシューズと感じます。

走っていて楽しくなる♪

独特の「バイーン、バイーン」というクッションは1歩1歩が快感です。

走っていて楽しくなります。気持ちよくて仕方がありません。接地することの楽しさを、このシューズは教えてくれます。

脚にやさしい

「マシュマロクッション」と「アクティブフットフレーム」で、とても脚にやさしいシューズになっています。

■マシュマロクッション
 ⇒ 着地の衝撃を大幅にやわらげる

■アクティブフットフレーム
 ⇒ アーチサポート機能があるインソールをいれたように、接地のクセ、プロネーションを補正

フル〜ウルトラマラソンにもつかえる

まだレースで使用したことはありませんが、わたしの中ではフル〜ウルトラマラソンでも使いたいと思っています。

「バイーン、バイーン」という独特なクッション・反発と、メタロッカーで自然とスピードを出すことが可能です。

走っていてすごく楽しくなるシューズなので、フルやウルトラマラソンの長い距離も、楽しい道のりになるのではないかと思います。

注意する点

どのランニングシューズにも言えることかもしれませんが、自分のワイズ(足囲・足幅)にあわないと、使い込むうちにアッパーとソールの接着部分が裂けてしまいます。

ボンダイ6のワイズは、レギュラーがD相当、ワイドが2E相当です。

国内メーカーのランニングシューズよりも、ワイズが狭い設計です。
ご自身にあったワイズを選択しましょう。

ボンダイ6(BONDI 6)
ホカオネオネ(HOKA ONE ONE)

ボンダイ6のサイズ感・ワイドとの違い

サイズ(足長)

いつもどおりのサイズでOKです。

例えば、わたしだと、いつもどおり25.5cmのサイズでピッタリです。

ワイズ(足囲・足幅)

狭めの設計なので、普段履いているランニングシューズのワイズを確認して購入ください。

ホカオネオネのランニングシューズのワイズ(足囲・足幅)は、

  • レギュラー D
  • ワイド 2E

となっています。

これは、ナイキのランニングシューズとおなじワイズです。

また、アシックスなど国内メーカーのランニングシューズよりも狭い設計です。普段アシックスやミズノなど国内メーカーのランニングシューズを履いているかたはご注意ください。

ワイズ(足囲)は、狭い→広いの順に、以下の表記になっています。

設楽悠太選手、大迫傑選手のワイズは下画像です。
設楽選手は狭く、大迫選手は特に右が広い足幅になっています。(ナイキ作成のチラシより)


設楽選手は「A」。
大迫選手は、左「E」、右「3E」。

【参考】各メーカーのワイズ

各メーカーのワイズは下表のとおりです。シューズ購入の際の参考にしていただけたらと思います。

メーカー レギュラー ワイド エクストラ
ワイド
確認方法
ホカオネオネ D 2E 商品なし 購入品・店頭確認
ナイキ D 2E 4E ナイキにチャット確認
アディダス E 2E 商品なし アディダス電話確認
※アディゼロジャパンのケース
アシックス 2E 3E 4E アシックスHP
ミズノ 2E 3E 4E ミズノHP

ボンダイ6とボンダイ7の違い

ボンダイ6とボンダイ7では、以下3点が変更されています。

①デザイン(アッパー・シューレース)

上画像のように、アッパーとシューレースのデザインが変更されています。

②重さ

下表のように、ボンダイ6とボンダイ7では、7gの差があります。

重量(27cm)
ボンダイ6310g
ボンダイ7303g

③履き口まわりに形状記憶フォーム

ボンダイ7では、新たに足入れ部分に低反発フォームが使われています。
これにより、ヒール部分が形状記憶され、フィット感が増しています。

ボンダイの肝である厚底ソールについては「変更なし」です。どちらも最高のクッション・反発を体験することができます。

ボンダイ6(BONDI 6)
ホカオネオネ(HOKA ONE ONE)

ボンダイ6とクリフトン6の違い

ランニングシューズとしての視点で、ボンダイ6とクリフトン6の違いは以下の3点になります。

①クッション・反発の感覚

クッション・反発の感覚は、下表のイメージです。

擬音で表現すると食べ物で表現すると
ボンダイ6バイーン、バイーンつよいコシがある讃岐うどん
クリフトン6ぽふっ、ぽふっやわらかいマシュマロ

クリフトン6のクッションのほうがやわらかく、ボンダイ6のほうがコシがある感じです。

このクッションのやわらかさの違いが、走るときの安定感の差にもつながり、ボンダイ6のほうが安定感があります。

着地時のプロネーション補正効果もボンダイ6のほうが高いと感じます。

②重さ

ボンダイ6とクリフトン6では、55gの差があります。

クリフトン6はあれだけのクッショニングで、255gという軽量になっています。

重量(27cm)
ボンダイ6310g
クリフトン6255g

③価格

ボンダイ6とクリフトン6は、定価で比較すると6,600円の売価差です。

ただ、ボンダイ6、クリフトン6ともに新しいモデル「7」が発売されました。
結果、販売価格が下がり、ネットでの平均売価では3,000円程度になっています。

ボンダイ6のほうが定価からの割引率も大きく、お買い得感があります。

定価ネット平均売価(参考値)
ボンダイ623,100円13,800円くらい〜
クリフトン616,500円10,880円くらい〜
売価の差6,600円2,920円
ボンダイ6(BONDI 6)
ホカオネオネ(HOKA ONE ONE)

まとめ・お得な購入方法

ホカオネオネ ボンダイ6は、「バイーン、バイーン」という独特のクッション・反発で、走っていて1歩1歩が楽しいシューズです。

履いていて気持ちよく、快感です。ぜひ1人でも多くの方にためしていただきたいシューズです。

はじめて足を入れたときの感覚、走ったときの感覚は、衝撃的ですよ。

お得な購入方法

ホカオネオネ公式サイトに比べ、アマゾン・楽天などの大手ECサイトのほうがお得です。
▼理由3つ
①価格が安い
②送料無料が多い
③別途ポイントが付く

ボンダイ6(BONDI 6)
ホカオネオネ(HOKA ONE ONE)
RELATED POST
ランニングシューズ

【サブ3ランナーが解説】ホカオネオネ クリフトン6 レビュー(ホカの代表作)

2020年10月8日
ランたん!ランニング探求部
ランナー 最近、ホカオネオネというランニングシューズブランドが人気みたい。クリフトンというのが代表作らしいけど、実際どうなの?新作のクリフ …
ランニングシューズ

【せまめです】ホカオネオネのワイズ・足幅・ワイド(サブ3の愛用者が解説)

2021年2月17日
ランたん!ランニング探求部
ランナー ホカオネオネのランニングシューズが気になる。海外メーカーだから、ワイズ・足幅はせまいんかな?国内メーカーとのワイズの差も気になる …