ランニングシューズ

【サブ3がレビュー】軽快!ナイキエアズームペガサス39(38との違い・サイズ感・重さなど)

ランナー

ついにナイキ「ペガサス39」が発売された!
ペガサスをいつも愛用しているけど、今回の39の評価はどうだろう?
前作のペガサス38から何が変わったんだろう?

本記事では、こういった疑問に対して、歴代のペガサス愛用者でサブ3ランナーのふくちゃんがお答えします。

結論としては、最新作ペガサス39は前作ペガサス38とくらべ、とても良くなりました!

日々ガシガシ使えるペガサスの良さはそのままに、軽くなり、足の動きに馴染んで走りやすいシューズになっています。

軽快にキレよく走ることができるので、日々のジョグ〜スピード走まで幅広く対応することができます。

まさに、デイリートレーナーとして最強のシューズと言っても過言ではないでしょう。

本記事の信頼性

歴代のペガサスを愛用しています。

筆者は歴代のペガサスシリーズを愛用しています。画像はシューズボックスの中のペガサスです。日々の練習に頻繁に使用するので、1シーズンに同じモデルを2足購入することもあります。

ラン歴20年超のサブ3ランナーです

私は、ラン歴20年超のサブスリーランナーです。今までレース用・練習用、たくさんのランニングシューズを履きつぶしてきました。

本記事は、これまでのランニング経験をもとに執筆しております。(筆者ふくちゃんの詳細なプロフィールはこちら

ペガサス38からの変更点

ペガサス39となり、前作から変わったのは以下5点です。

ペガサス39の変更点
  1. ZOOM Airがヒール部にも搭載された
  2. かなり軽くなった
  3. アッパーの素材が変わった
  4. ほどけにくい靴ひもに変わった
  5. アウトソールの形状が変わった

① ZOOM Airがヒール部にも搭載された

前作ペガサス38では、前足部のみZOOM Airが搭載されていましが、今回のペガサス39では、ヒール部にもZOOM Airが搭載されました。

これにより、かかと〜ミッドフットで設置したときに、スムーズに前足部へ体重移動ができるようになっています。

軽量化とZOOM Airの追加により、ペガサス39はきわめて軽快なシューズとなりました。

また、ヒールの形状も下画像のように変更されています。これにより、かかとで接地したときの安定性がUPしています!

② かなり軽くなった!

気になるシューズの重さですが、前作ペガサス38よりも、かなり軽量化されています。

ペガサス38と39の重量比較(※メンズ・28cm・片足)
  • エア ズーム ペガサス 38 約295g
  • エア ズーム ペガサス 39 約272g
筆者
ふくちゃん

実際に履いても「軽くなった!」という感覚です

前作ペガサス38では、重量があり、多少もたつく感じがありましたが、今作ペガサス39は軽快に足を運ぶことができます。

筆者の私物・25cmでは、実測値で236g。とても軽くなっています。

③ アッパーの素材が変わった

写真のようにアッパーの素材が変わっています。

前作ペガサス39は「布っぽい感じ?」がありましたが、今作ペガサス39はメッシュ素材となりました。

これにより、前述の軽量化がすすんでいると思われます。

見た目もランニングシューズらしいスポーティな外見に変貌しています。

④ ほどけにくい靴ひもに変わった

前作ペガサス38の難点として、「靴ひもがほどけやすい」というのがありました。今作ペガサス39は靴ひもが変更され「ギュッ」と締めこむことができます。

ランニング途中でゆるんでしまったり、ほどけてしまったりすことも少なくなりそうです。

⑤ アウトソールの形状が変わった

上画像のように、アウトソールの形状が変わりました。

前足部の溝がふえたことで、足のうらの動きにあわせてソールが曲がりやすくなりました。この変更点は小さな変更のようですが、ペガサス39が足の動きに馴染む要因につながっていると考えられます。

また、かかと部のラバーも強化され、かかとで設置したときの安定性が格段に増しています。

走行感

「軽くて、足に馴染み、走りやすい!」

前作ペガサス38は、重さとアウトソールの硬さなどで、走っていて多少もたつく感じがありました。しかし、今作ペガサス39では、軽量化・アウトソールの形状変更・アッパー変更により、もたつく感じがなく、走っていて足に馴染みます。

軽快に、自分の感覚に忠実に走ることができます。

スピードを上げたときの反応もとても良いので、日々のジョグはもちろん、スピード走まで幅広く対応できます。

サイズ感

サイズ(足長)

いつもどおりのサイズでOKです。

私であれば、いつもと同じ25.0cmか25.5cmを選択しています。

前作ペガサス38は25.5cmでゆったりめだったので、今作ペガサス39では25.0cmを選択しました。ピッタリ、ジャストサイズです!

筆者の他のシューズのサイズ
  • ペガサス38・・・25.5cm(ゆったり)
  • ペガサスターボ2・・・25.0cm(ジャスト)
  • ヴェイパーフライ2・・・25.0cm(ジャスト)
  • アルファフライ・・・25.0cm(ジャスト)
  • メタスピードスカイ・・・25.0cm(きつめ)

ワイズ(足囲・足幅)

ワイズは「D相当」で、ナイキのレギュラーワイズです。

アシックスなど国内メーカーのランニングシューズよりも狭いワイズですが、アッパーの素材に伸縮性があるので、国内メーカーのそれよりも狭いという感じはありません。

念のため、普段アシックスやミズノなど国内メーカーのランニングシューズを履いているかたはご注意ください。

ワイズ(足囲)は、狭い→広いの順に、以下の表記になっています。

【参考】各メーカーのワイズ

各メーカーのワイズは下表のとおりです。シューズ購入の際の参考にしていただけたらと思います。

メーカー レギュラー ワイド エクストラ
ワイド
確認方法
ホカオネオネ D 2E 商品なし 購入品・店頭確認
ナイキ D 2E 4E ナイキにチャット確認
アディダス E 2E 商品なし アディダス電話確認
※アディゼロジャパンのケース
アシックス 2E 3E 4E アシックスHP
ミズノ 2E 3E 4E ミズノHP

まとめ

ペガサス39は、前作ペガサス38から大幅に改善され、まさに「キングオブランニングシューズ」と言える一足に仕上がっています。

軽さ、反発、クッション、どれをとっても弱点がなく、きわめて完成度が高いランニングシューズです。

日々走り込むランナーにはマストな一足となりますので、早めに試してみることをおすすめします!

RELATED POST
ランニングシューズ

【サブ3ランナーが解説】ホカオネオネ クリフトン6 レビュー(ホカの代表作)

2020年10月8日
ランたん!ランニング探求部
ランナー 最近、ホカオネオネというランニングシューズブランドが人気みたい。クリフトンというのが代表作らしいけど、実際どうなの?新作のクリフ …