ランニングシューズ

【サブ3が解説】ホカオネオネ ロケットX(渾身のレースシューズ)

ホカオネオネから待望のレース用シューズ「ロケットX(ROCKET X)」が、2020年11月6日に発売されました。

本記事では、実際に使用した感想をふまえて、ホカオネオネの「ロケットX(ROCKET X)」についてレビューいたします。

筆者について

筆者・ふくちゃんのくわしい自己紹介はこちらをご覧ください。

今までのランニング歴で、本製品をふくむ多くのランニングシューズを使用してきました。他社品とも比較したうえで記事を執筆しています。

ホカオネオネ ロケットX レビュー

ロケットXは、ホカオネオネのランニングシューズの良さである

長く、楽しく、気持ちよく、走れることを、おさえたうえで、

「速く」

走ることができるシューズになっています。

ホカオネオネのシューズは、メタロッカー・マシュマロクッションにより、
どのランナーでも「長く」「楽しく」「気持ちよく」走れて、中毒性あるシューズが多いです。
ボンダイ、クリフトンはその代表です。

ホカオネオネのそれらの特長に 「速く走れること」が加わったのが、今回の「ロケットX」です。

ホカオネオネのシューズは、走っていて気持ちがよく、つよい中毒性があります。
どんどん欲しくなる可能性がありますので、購入の際は気をつけて購入しましょう。
(「ホカ沼」といいます)

ホカ オネオネ ロケット X HOKA ONEONE ROCKET X

ロケットXが、だれでも長く・楽しく・気持ちよく、そして速く、走れる理由

なぜ、だれでも「長く」「楽しく」「気持ちよく」、そして「速く」走れるのか、実際にロケットXで走ってみた感想もふまえて、おつたえします。

ホカオネオネらしいここちよいクッション

クッションが適度にやわらかく、ホカオネオネらしさがしっかりある接地感です。

ホカオネオネの代名詞は、なんと言っても「マシュマロクッション」です。
しかし、ロケットXは「マシュマロクッション」はうたっていません。

ロケットXでは、新素材「スピードダガー(突き刺すようにスピードを出すもの)」という、ホカオネオネ史上最軽量に設計されたフォームを使用しています。

ボンダイやクリフトンのようなフカフカのクッションとまではいきませんが、適度にここちよいクッションがあります。

ロケットXは、エリートランナー向けとしていますが、けっして「ホカオネオネらしさ」をうしなっていません。
ホカオネオネ好きのランナーの期待に、こたえられるクッションです。
この部分を、ホカオネオネさん、かなりこだわっている気がします。

カーボンプレートの過度な主張がない

カーボンプレートが入っていますが、ナイキのような「プレート入ってますよ感」がありません。

脚にへんな負担がかかるということもありません。

ヒール・ミッド・フォア、どの接地でもOK

ドロップ差は5㎜で、ほぼフラットです。
ヒールでも、ミッドフットでも、フォアフットでも、どの接地でもまったく問題ありません。

カーボンプレートとスピードダガーの反発力

「カーボンプレート」と、ホカオネオネ史上最軽量に設計されたフォーム「スピードダガー」が、ここちよい反発を生み出します。

クッションがやわらかいながらも、やわらかすぎずに反発があります。
しずみこむのではなく、しっかり反発してきます。

ホカ オネオネ ロケット X HOKA ONEONE ROCKET X

ロケットXのスペック

外観

ホカオネオネのブランドカラー「ブルー×イエロー」が、会社としての本気度を感じさせます。
鏡にうつして撮影したので、ロゴが逆になっています。
インソールは外れるタイプ。
シュータンがずれず、フィット感がたかまるように、底面につながっています。
シュータンに「ROCKET X」

カラー

一般販売カラー、先行販売カラーの2種類があります。
ホカオネオネのシューズはデザインが本当にカッコいい!

新色「RED PACK」登場!(2020.12.26追記)

新色「RED PACK」が発表されました!

「RED PACK」は、ホカオネオネの人気のロード向けモデル6ラインで展開されます。

発売日:2021年1月1日
※HOKA公式サイト12/28発売・1/4以降順次お届け

機能(ホカオネオネHPより抜粋引用)

概要

カーボンXとおなじ反発性のたかいカーボンファイバープレートを使い、推進力のある走りを実現します。
レース用に設計された「スピードダガー(突き刺すようにスピードを出すもの)」は、ホカオネオネ史上最軽量のフォームです。
通気性の良いメッシュアッパー、アウトソールに軽量なラバーを採用し、シューズ全体の軽量化を実現しています。

アッパー

  • 通気性の高いメッシュアッパーを採用
  • 足にフィットするシュータン形状

ミッドソール

  • コンプレッションEVAフォームが着地を安定させ、着地の衝撃を吸収
  • カーボンファイバープレートにより、スムースな足運びが可能に
  • メタロッカーテクノロジーが、テンポの良い推進力のある走り心地を提供

アウトソール

  • 必要な部位に配置されたラバーアウトソールが軽量化と耐久性を実現

重さ

27㎝で210g。とても軽くなっています。

ナイキのアルファフライとほぼ同じ重さです。
※ナイキ アルファフライ 210g(26.5cm)ナイキ公式HPより

サイズ感

いつものホカオネオネのランニングシューズとおなじサイズ感です。

わたしは、ホカオネオネも、ナイキも、アディダスも25.5cmですが、ロケットXも25.5cmでぴったりでした。

価格 ※公式HPの価格

税込24,200円です。
※先行販売カラーは税込27,500円

カーボンXは税込26,400円、カーボンX-SPEは税込27,500円です。
ロケットXはハイスペックになっていますが、価格はおさえられています。

適したランナー

ホカオネオネのHPにはエリート向けと書かれていますが、クセがなく、接地の安定感があり、適度なクッションもあるので、どのようなランナーにも使いやすいと思います。

タイムにかかわらず、どのようなランナーにもピッタリなシューズです。

まとめ:ホカオネオネ ロケットX レビュー

ホカオネオネ待望の新製品「ロケットX」は、スピードモデルながら、ホカオネオネが大好きなランナーの期待にしっかりとこたえてくれるシューズです。

ホカオネオネのシューズの良さ、「だれでも」「長く」「楽に」「きもちよく」走れることにくわえ、「速く」走れるシューズになっています。

これからランニングシーズンをむかえます。
ホカオネオネのロケットXは、日々のランニングを楽しく、きもちのいいものに変えてくれるシューズです。

ホカオネオネのシューズは、走っていて気持ちがよく、つよい中毒性があります。
どんどん欲しくなる可能性がありますので、購入の際は気をつけて購入しましょう。
(ホカ沼といいます)

ホカ オネオネ ロケット X HOKA ONEONE ROCKET X
RELATED POST
ランニングシューズ

【愛用者が解説】メタスピードスカイ のサイズ感(幅は?ワイドはある?小さめ?)

2022年1月19日
ランたん!ランニング探求部
現在大人気のアシックス「メタスピードスカイ」。 箱根駅伝・ニューイヤー駅伝をはじめ、駅伝やマラソンで目にする機会が多くなっています。 …
ランニングシューズ

【せまめです】ホカオネオネのワイズ・足幅・ワイド(サブ3の愛用者が解説)

2021年2月17日
ランたん!ランニング探求部
ランナー ホカオネオネのランニングシューズが気になる。海外メーカーだから、ワイズ・足幅はせまいんかな?国内メーカーとのワイズの差も気になる …